青年会議所(Junior Chamber)は、明るい豊かな社会の実現を理想とし、次代のリーダーとなる責任をもって、お互い切磋琢磨しようという情熱をもった青年有志による団体です。

日本において50年以上の歴史をもち、現在、全国に744の青年会議所(Local Organization Member)があり4万人以上の会員が、JC運動の三つの信条「奉仕・修練・友情」のもと、よりよい社会づくりをめざして、地域社会に根付いたボランティアやまちづくりから、行政改革、地方分権などの社会的課題に積極的に取り組んでいます。さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして、各国の青年会議所と連携した様々な国際活動を展開しています。

会員資格は20歳から40歳までの青年であること、すべての会員は40歳を超えると現役を退いてOBにならなくてはなりません。この年齢制限は青年会議所最大の特性であり、常に若々しく果敢な行動力を生む源泉となっているのです。

われわれ社団法人山梨青年会議所は、1973年に設立しました。明るい豊かな社会を築くためにこれからも活動を続けます。